西日本化粧品工業会

文字サイズ

お問合わせQ&A

Q&Aのご利用にあたって
キーワードで探す

質問のタイトル、答えから入力されたキーワードの検索を行います。
スペースを空けて複数のキーワードを入力した場合は、いずれかのキーワードを含む検索結果が表示されます。

【西日本化粧品工業会 お問い合わせQ&A】
印刷する
Question

化粧品は弱酸性の方が肌に安全なのですか。

Answer

外からの刺激に強く、微生物や細菌なども進入しにくい「健康な肌」のpH値は、pH4.5〜pH6.5で、弱酸性に保たれています。
そのため、化粧品の多くは健康な肌と同じ弱酸性につくられていますが、使用目的によってpH値は少しずつ異なり、石けんや角質柔軟効果のあるふきとり化粧水などには、弱アルカリ性のものがあります。
このようなアルカリ性の化粧品を使用すると、肌の表面は一時的にややアルカリ性に傾きますが、健康な肌には肌の表面を常に一定に保つ働き(アルカリ中和能)があるので、使用後しばらくすると、肌表面は自然にもとのpH値に戻ります。
たとえ弱酸性でない化粧品でも、十分な安全性への配慮がなされていますので、肌が健康であれば、特に肌への影響を心配することはありません。

<出典:日本化粧品工業連合会編「コスメチックQ&A事典」>

+++ この質問に対する回答は役に立ちましたか? +++

ご回答ありがとうございました